お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年8月12日水曜日

自由経済・市場は、もはや国家間競争が全面に!中国の中央銀行、人民元、実質切り下げで元安による輸出有利に・・・


昨日の記事でも指摘させて頂きましたように、Panasonicをはじめとする輸出企業の多くが企業間競争をやっている時代ではなく、国を巻込んだ国家間同士の競争に発展しており、その競争はさらに激しい時代に突入したと言えそうです。


業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全



タイムリーにも、朝日新聞の記事によりますと中国の中央銀行、中国人民銀行は11日、毎日の人民元レートの基準として示す「中間値」を算出する方法を変えると発表。

人民元と中国経済
人民元と中国経済
posted with amazlet at 15.08.12
白井 早由里
日本経済新聞社
売り上げランキング: 453,806



これに伴い、この日の中間値は前日より一気に約1・86%の元安・ドル高水準となる1ドル=6・2298元に設定され、事実上、元の切り下げ措置となったとのこと。中国メディアによると、中間値の一日の引き下げ幅としては最大だそう・・・。元安によって輸出を有利にするねらいがあると見られるわけですが、ルールや基準がない国はこういった場面で強いとの言えます。


人民銀はこの日、これまで各銀行の報告するレートに基づいて決めてきた中間値について、前日の終値などを参考にすると決めたことで、元安に進む圧力が強かった為替市場の動向を反映しやすくなり、切り下げにつながったとされてはいますが・・・。



参考→
[見通し]中国経済のリバランスと今後の展開を考えてみた



日本の場合、こうは簡単にはいかないでしょうねぇ。。
これぞ一党独裁政権の強みです。


米中 世紀の競争 ―アメリカは中国の挑戦に打ち勝てるか
ジェフ・ダイヤー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 29,452




【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!



参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!


参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる

参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・


参考→
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]



【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。


トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→

【重要解説】6.25%大幅利上げで口座開設が急拡大したトルコリラの取引注意を3段階のレベルで解説



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択