不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年9月16日水曜日

東証の空売り比率が、2008年以来最高の42.4%に!そして気になる豪準備銀行(RBA)議事録は・・



売って売って売りまくる・・・。


昨日は、東証の空売り比率が、2008年以来最高の42.4%に。そのため、本日は、ヘッジ売りの買い戻しで、日経平均は上昇となるものの、日銀の金融政策発表が『現状維持』であることにがっかりした投資家は失望売りで下落。自民党の有力議員である山本議員の金融緩和追加の発言に期待した投資家も多かったことが背景に。


ヤルタ会談 世界の分割―戦後体制を決めた8日間の記録 (Nigensha Simultaneous World Issues)
アルチュール コント
二玄社
売り上げランキング: 456,913




そして、日銀の金融政策発表だけでなく、豪準備銀行(RBA)議事録 公表されています。中国経済をウォッチする意味でも米国利上げの有無においても大きく影響する豪ドルだけに、その内容が気になるところ。


豪準備銀行(RBA)議事録


  • 鉱業投資のさらなる下落が示唆されたこと(2015年と2016年はさらに悪化すると予想)
  • 家計部門、非鉱業部門(ビジネスサービス部門)での利益は平均値以上の水準まで上昇
  • 豪経済では、不動産市場や小売産業、観光産業など、非鉱業産業への資本移転が進んでいること
  • 貿易収支悪化(豪貿易収支:16ヶ月連続でマイナス)


貿易収支は悪化し、鉱業での利益が十分に確保できない苦しい状況ではあるものの、豪準備銀行(RBA)にとっては想定内といったところであるようです。鉱業以外の部門においては好調を維持しており、豪ドルの下落により鉱業部門においても将来的回復が可能と捉えている様子です。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事