不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年9月17日木曜日

「痴漢冤罪」保険なるものが登場!しかしサービス内容に不安も・・・



そもそもに乗車率200%以上を放置する国土交通省にこそ問題があるでは?と思える瞬間もあることでしょう。。


「痴漢などしていないのに、ある日、人生が一転する」そんな悲劇が毎日どこかで起こっているのかもしれません。周防正行監督が手がけた有名作品「それでも僕はやっていない」をご覧になった方なら、痴漢冤罪から逃れることが、どれほど難しいことであるのか?はご存知のはず。

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)
小田中 聰樹
講談社
売り上げランキング: 214,589




そんな不安が解消されない中、「痴漢冤罪」保険なるものが月々590円で登場。


商品の狙いは非常に興味深いものの、どの弁護士が対処してくれるのか?については運任せ。初動を誤ると無実が遠のく恐れもありますからねぇ。これほど大切なイベントに「運任せ」というのもどうかと思うわけですが。。


ちなみに、保険料は月払いで590円、年払いで6400円。事件後48時間に発生した弁護士の相談や接見の費用などを補償。弁護士費用等保険金は最高で300万円、法律相談費用保険金が最高10万円、個人賠償責任保険金が最高1000万円となっています。


サービス全体の構成を見てみると困った方のためのサービスというよりも仕事のない弁護士の方々へのサービスといったところでしょうか。

良い弁護士さんが対応してくれるといいですが。。



冤罪の戦後史――刑事裁判の現風景を歩く
菅野 良司
岩波書店
売り上げランキング: 68,927


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事