不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年10月21日水曜日

どんな投資よりも間違いなし!実売14万円でも高くない!ダイソンのサイクロン式ロボット掃除機ついに発売・・・



昨年9月の発表から一年、ついにダイソンのロボット掃除機がお目見えしました。 「Dyson 360 Eye ロボット掃除機」は同社の最大の売りであるラジアルルートサイクロンテクノロジーによる高い吸引力と、周囲360°を常に目視する「360°ビジョンシステム」を搭載するのが特徴。


日常生活で劇的に向上させたダイソンが、さらに進化したロボット掃除機を発売してくれました。一般の賃貸住宅で、その恩恵があるかどうかは微妙ですが、都心を離れ少し田舎へいけば、デカくて広い家はそれほど珍しいことではありません。また、築年数が35年を超える昔仕様の家では、必要以上に廊下が長くて広いなんて家もざらであります。


Dyson DC61 motorhead オンラインストア限定モデル 【国内正規品】
dyson(ダイソン)
売り上げランキング: 802




そんな大きな家の所有者の中には、すでに高齢の方も少なくなく、日々の掃除の大変さというのは、都心での生活者にはなかなか想像し難いものがあります。日当を支払ってヘルパーさんをお願いしている家などにおいては、14万円でしっかり掃除をしてくれるというのは安い買物かと。



ダイソン製品とロボット掃除機のルンバが比較されるというのは有名でありますが、旧型のルンバに大変助かったという老人の声も多数聞こえてきますので、さらに進化したサイクロン式ロボット掃除機は、是非とも高齢者の方々に試してもらいたいところ。都心の賃貸マンションとは異なり、掃除をするだけで半日が消える大きな家では、大活躍間違いなし。


ちなみに、昨年の発表以降、日本国内で50人のモニター宅で実際にロボット掃除機を動かし、そこで見えてきた問題をクリアするのにこの1年の時間を要したそうです。日本の消費者は製品の細かい仕様まで気にされる方が多いというのは、ダイソンもこれまでの商品発売で十分に認識してくることだと思います。



逆にいえば、日本のユーザーを満足させる製品を完成させれば、世界で十分に通用するということであり、世界市場での見通しも非常に明るいものとなるはずです。


なお、「Dyson 360 Eye ロボット掃除機」の最大のポイントは、名前にもあるとおり、本体上部に360度を一度に見渡せるカメラ「360°ビジョンシステムを搭載することです。カメラが室内の周辺環境を目視して、自分の位置を把握。室内を性格に認識して計画的に掃除しながら清掃することができるそうです。 さらに、「ダイソンデジタルモーターV2」を搭載することで、他のロボット掃除機の約4倍という強力な吸引力を搭載。また、「ラジアルルートサイクロンテクノロジー」により、0.5ミクロンの微細な粒子までしっかりと捕らえられるそうです。 連続バッテリー稼働時間は約45分。バッテリー残量が減ると自動的に充電ドックに戻り、充電完了後に再び、掃除の続きができる仕組みです。掃除のできるエリアに制限はないとのことで、広い部屋でもバッテリ−を充電しながら、しっかりと掃除することができます。


下手な相続対策で節税などに頭を悩ます方々は、迷わずこういった製品購入に投資して頂きたいところです。生活における労力が劇的に改善されることは間違いなさそうですので、投資としてはハズレなしの投資になると思うのですが・・・。







U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事