不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年10月26日月曜日

日銀による追加金融緩和が見送られた場合、その反動は凄まじいものに・・・



今月30日にも日銀による追加金融緩和が期待されているわけですが、ここにきて不穏な空気が。。

業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全



23日の人民元切り下げで、1元19.1265円と元高・円安、1ドルが121.44円のドル高・円安、1ドルが6.3595元と元安・ドル高へと動きました。特に対ドルで121.44円の急激な円安は、30日の日銀政策決定会合で、円安基調を嫌い、追加金融緩和は見送るかもしれないという観測がでています。


これからの日本の論点 日経大予測2016

日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 490




中国共産党政府も日銀の追加金融緩和を打たせまいとして、人民元切り下げを行ったのかどうかは不明ですが、しかし、日銀の中には黒田総裁による2発の金融緩和に違和感を持っている方がいるのも事実であり、急激に円安となった現況において、バズーカー発射の影響は、確実に国内景気に影響を与えることとなりそうです。


これ以上の円安により、大幅に輸出企業の儲けが増えるのか?というのも疑問であると同時に、国内における輸入企業へのダメージは計り知れないものがありますから。だからといって、金融緩和バズーカーの期待がこれほど高まった以上、金融緩和見送りでは、大量の空売りに繋がりかねないため、難しい選択となりそうですね。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事