お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年11月12日木曜日

【見通し|NY先物】金、5年9カ月ぶり安値!来月のFRBの利上げ実行次第では、さらにレートが下がるかも・・・



◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼










2012年の高騰が嘘のよう・・・。


来月には米国の利上げが確実なんて言われていますが、中国の悪いなりに悪い情報が出尽くした感を踏まえ、相場に安定感が出てきています。ですから、米国の利上げとしては土台が整いつつあります。


100年デフレ―21世紀はバブル多発型物価下落の時代 (日経ビジネス人文庫)
水野 和夫
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 142,937




再びドル買いへの流れとなりつつある中、11日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反落し、取引の中心となる12月渡しが前日比3・60ドル安の1オンス=1084・90ドルで取引を終えました。中心限月の終値としては2010年2月以来、約5年9カ月ぶりの安値水準となっています。


米連邦準備制度理事会(FRB)が12月に利上げを決めるとの観測が強まり、保有していても金利がつかない金を手放す動きが加速しつつあります。来月、本当にFRBによって米ドル利上げが実現すれば、さらに金のレートが下がる可能性が高まります。


2012年に金を換金した投資家の方々は、そろそろ金の買い戻しも考えてみても良いのかもしれませんね。


下落相場をチャンスに変える超・資産運用法 ―上昇局面には手を出すな!
平田 啓
技術評論社
売り上げランキング: 461,719


参考⇒
※FXでの取引で重要なのは、「スプレットの狭さ」と「スワップポイントの大きさ」です。さらに「ツールの使いやすさ」はトレードの成果を左右します。ヒロセ通商グループの関連会社であるJFXが提供するマトリックストレーダーはスワップの大きな通貨の取扱を行っているだけでなく、ツールとして非常に優秀です。また業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全のDMM.com証券での口座があれば、スワップ狙いと差益狙いの取引を同時に行うことが可能となります。





【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!


参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!
参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる
参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・
参考→
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]




【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。


トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→
【重要解説】6.25%大幅利上げで口座開設が急拡大したトルコリラの取引注意を3段階のレベルで解説



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択