お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年11月9日月曜日

【高すぎると批判殺到!】ソフトバンク・Yahooがヤフオク手数料を値上げ! 




「ユーザーからの刈り取りの時期と判断した?」



会社の業績とは別に、ユーザーとの心の距離がどんどんと大きくなるSOFT BANKの経営判断。


解約方法を意図的に難しくし、ネットに不慣れな高齢者から手数料をダラダラと奪うシステムに批判が殺到したことは記憶に新しいわけですが、解約ラッシュとなるまえに、会員の月額手数料を値上げするという報道が流れました。消費者センターにも、この解約ができないというトラブルの問合せは急激に増加傾向にあるようです。経営方針や経営戦略においては、日本企業kとは異なりますため、収益が上がることを最重要方針においている外資はソフトバンクにかぎった話ではありませんが。

しかし、総務省より通信の許認可事業として電波を独占している以上、公共から信頼される運営方針でなければ、のちのち問題が拡大することは火を見るより明らかです。


参考⇒



ヤフオク利用者の利用が常態化していれば、多少の値上げであった場合でも、我慢して利用するという流れになるかもしれませんし、または、これを機に利用者も別のシステム(サービス)へ移行するという判断もあるかもしれません。いずれによせ、勝算あっての値上げということだとは思われます・・・。


ちなみに、ヤフオクの手数料が5.40%→8.64%に値上がりになりました。

参考⇒




「手数料値上げに対策できることは?」(追記:2018年)



一つはYahooのサービスからいったん撤退するという方法です。

最近では、メルカリやラクマなど簡単に出品ができ、さらにマーケットも大きくなっている市場がいくつかでてきていますね。何もヤフオクに固執する必要性がなくなりつつあります。

どうしても、ヤフオクを利用し続けたいという方は、Yahoo!マネーで代金を受け取れば、代金+2%の金額が受け取れます。つまり実質の手数料を6%におさえることが可能となるそうです。


参考⇒




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択