お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年12月21日月曜日

[米ドル/円・見通し]米国の利上げは織り込み済み、問題は日銀への失望感か、、、





◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<

▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼





おすすめ⇒
CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄






「ECBによる口先介入は効果あり?なし?」


ECBが追加緩和を口にしたのはいいが、具体的数値が示されず市場の失望というのがありましたが、残念ながら日銀への失望も大きかったようです。


すでに、何度も何度もアナウンスされていた効果もあり、米国の利上げは大きな混乱もなく無事に離陸したといった状況。問題は、注目された日銀黒田総裁による黒田バズーカー第3弾。しかし、日銀は、黒田バズーカーを発射することなく、現状維持で様子見との結果に。



量的・質的金融緩和 政策の効果とリスクを検証する

日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 219,609





 
※FXでの取引で重要なのは、「スプレットの狭さ」と「スワップポイントの大きさ」です。さらに「ツールの使いやすさ」はトレードの成果を左右します。ヒロセ通商グループの関連会社であるJFXが提供するマトリックストレーダーはスワップの大きな通貨の取扱を行っているだけでなく、ツールとして非常に優秀です。また業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全のDMM.com証券での口座があれば、スワップ狙いと差益狙いの取引を同時に行うことが可能となります。




日銀への失望継続か・・・


そして、先週末に引き続き本日も日銀への失望売りが継続しています。

先週は、米国のSQ週でもあり、米国市場の影響が日本株へも影響。今週はクリスマス休暇のため、ポジション整理の薄商いになりそうです。薄商いにファンドの仕掛け売買があるかもしれないので、注意が必要かも・・。今年も残り10日ほど。相場に張り付くのも結構ですが、来年に向け、掃除などを徹底しながら、心の整理というのも良いかもしれません。


参考⇒
日銀の「ETF・J-REIT買い」4月23日時点での状況は・・・
参考⇒
業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全

参考⇒
GPIF発言を一環せよ!市場の高値警戒感はまだまだ根強い・・・






【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!







【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。










トルコ・リラ取扱業者はコチラ






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択