new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2016年2月25日木曜日

いよいよ日本自治区誕生?? “偶然会ったウイグル人が日本人に警告!” そして、“自衛隊「制服組」が作戦計画策定めぐり権限拡大を要求” のニュースなど偶然ではないかも・・・



米FOXテレビが報じていますね。

複数の米政府当局者の話として、中国が南シナ海のパラセル(西沙)諸島で実効支配するウッディ島(永興島)にJ(殲)11戦闘機などの航空戦力を配備したとのことです。習近平国家主席は、米国に対して、南シナ海を軍事化しないと約束していましたが、予想通り、米国もその他の国々も騙されたことになりました。


米国のオバマ大統領は、「決められない大統領」として、ロシアや中国に見透かされていますので、中国としては、次の大統領が登場する前に、この海域をなんとしても軍事化したかったのでしょうけれど、あまりにも呆気なく、展開が早かったように思えます。




そして、日本にとっても非常に深刻な事態です。“自衛隊「制服組」が作戦計画策定めぐり権限拡大を要求”というニュースがありましたが、それだけ事態が緊迫しているという現れでしょう。「制服組」の力が強くなりすぎるという懸念などが言われていますが、覇権主義を露わにした中国人民解放軍と戦火で戦い死んでいくのは、現場の自衛官たちです。彼らは、おそらく最小限の犠牲の中で、日本の国土や国民の生命、財産を守りぬくことを実現するのに、待ったなしの状態であると判断したのではないでしょうか。


軍事費でも圧倒的に劣勢、武器や兵士の数でも圧倒的に劣勢、相手は核保有国で日本人への核使用をなんとも思わない連中。その上で、法律が自衛官を縛り付け、都合の良いときだけ、国民は自衛官に守ってくださいというのもおかしな話です。



以下は、先日、とある飲食店で偶然出会ったウイグル人の話です。(作り話ではない)日本国内においても中国共産党の監視員に監視されているとのことでしたので、連絡先や名前などは伺っていませんし、一部、記載できないこともありますが・・・。


China 2049
China 2049
posted with amazlet at 16.02.24
マイケル・ピルズベリー
日経BP社
売り上げランキング: 780




“偶然会ったウイグル人が日本人に警告!”

自分たちは中国人でもなければ、ウイグル人でもない。東トルキスタン人である。漢民族と関わる前は、資源も豊かで、農作物も豊富だった。特に日夜で寒暖差が大きいため、甘みのある農作物がウリだった。

はじめは、中国と友好関係からはじまった。私どもも日本人と一緒で友好的関係がはじまると「おもてなし」をしてあげたいという普通の人間と同じ感情となる。そして、漢民族にも、よくご馳走したり、おみやげをあげたりした。

しかし、ある時期から関係性がおかしなことに気づいた。
漢民族に物を上げたり、サービスしてあげることが「おもてなし」ではなく、義務となっていた。そして、次に「漢民族の方から奉仕がないんだけど?」と催促されるようになったという。

その頃には、国内における漢民族の割合もずいぶんと増えていた。そして、商売においても、国内での権利においても差がないように(漢民族も共存できるように)と主張がはじまった。

漢民族によるデモも盛んになり、東トルコ人と漢民族の間でたびたび小競り合いが起こるようになった。政治家同士は、友好とか同盟などという言葉に踊らされていたが、国内事情は少々違っていた。

そして、東トルキスタン人の政治家たちは、中国共産党の「優しさ・友好」に浸り、とうとう中国共産党の提案を受け入れた。その提案とは、「周辺国から東トルキスタンを守って上げましょう」というものだった。

民衆の中には、増え続ける漢民族に対して不安視する者もいた。政治家や偉い人たちも軍隊を国内に入れることについては慎重な姿勢だった。ある日、中国共産党の呼びかけで、国家同士のつきあい方において、北京で話し合いをしようという呼びかけがあった。

招かれたのは、東トルコの偉い方ばかり。
そして、事件は起きた。

飛行機爆発事故だ。ニュースでは飛行機爆発事故ということになっているが、中国の軍人によって爆破された事実を国民はみんな知っている。東トルコの偉い人はみんな死んでしまい、国内は不安定な状況となっていった。その後、中国共産党の偉い人たちが度々、東トルコを訪れ、中国が東トルコを守り抜くことを宣言。

当時の国民は喜び、国内には軍隊が入ってきた。
それからというもの、漢民族と東トルコ人の平等、平等が叫ばれるようになったが、実際には、漢民族がビジネスでも就職でも優遇されるようになった。街の中心地は、地価が上がり、ビジネスや就職で有利な漢民族が中心部に居座るようになった。東トルコ人は、徐々に権利が剥奪され、貧乏となり、田舎に、田舎に追いやられるようになった。

そして、1990年代には、漢民族と東トルコ人の間にははっきりとした差別が完成しており、就職、公共交通機関(バス、鉄道)、レストランなどで東トルコ人は利用ができない状況となっていた。

東トルキスタン人による抗議の声も徐々に強まり、デモを行う東トルキスタン人と漢民族の間で度々衝突が起きた。しかし、一般市民同士のイザコザ(衝突)と思われているが、漢民族側は民間人の服を着た現役の軍人たちばかりで、銃やナイフだけでなく、その他の武器も使用して東トルコ人を殺すようになった。

なぜ、軍人であるのかが分かったかというと漢民族の市民を装った奴らは靴だけは軍人の靴のまま戦ったからである。

10年ぐらい前からは、状況はさらにヒドくなり、ウイグル人を殺すことが漢民族にとって罪にもならない。奴らは、呼吸をするように東トルキスタン人(ウイグル人)を殺すようになっていた。ストレス解消に拷問してみたり、女性や子供をさらってみたり・・・。

そうそう、言い忘れた。中国の軍人が入ってきてすぐに、学校の校長先生や警察の署長さん、政治家とその家族は全員、見せ物として公開処刑されたんだけど、一般市民は、全員同じ場所に集められて、罪状などを読み上げ、拷問し一斉に処刑していった。



“2009年の事件知ってる?”

ニュースでは、1000人、2000人とか多くても5000人の暴徒したウイグル人を鎮圧したって報道みたいだけど、ぜんぜん数が違う。10万人は殺されたよ。子供も女性も。。その数は、1つの家族に1人の割合でむちゃくちゃに殺された。

ナチス・ドイツなんて比較にならないぐらい殺しているし、拷問はヒドいよ。耳や鼻を切り落として遊んだり、男性だったら性器などをよく公開で切り落として遊んでいるよ。女性は妊娠できないように電気棒を膣へ突っ込んで遊んでる。

笑いながらやる軍人もいれば、憎しみに満ちた顔で「これでもか!」とやっている軍人もいる。絶対に日本人には、想像できない世界だよ。僕らが日本に来て、こんな世界があったのか?と驚くばかりだからね。


“日本を一言で言うと?”

天国だよ。
そりゃ不満もあるんだろうけど、日本人のいう不満は贅沢な不満ばかりだ。

“名前を聞いてもいい?”

ごめん、言えない。
携帯電話も行動も日本にいる監視団にずっと監視されている。日本でいうとlineみたいなのがあるんだけど、会話はずっっと監視されっぱなし。時々、呼び出し喰らって質問されることもあるもん。

“なんで日本にいるの?”


個人が特定される可能性があるため、詳しくは書けません。

今の中国という国は、昔っから内乱ばかり続けてきたんだ。大昔は自分たちも他の民族に同じことしてたと思うし、今は逆にやられっぱなしだけどね。でも、漢民族も僕ら の心の中までは監視したり規制できないから。

僕ら(若い)の人生などに期待はない。でも、100年経過し、300年経過し、500年経過し、800年経過した時には、今やられていることと同様のことを漢民族は受けているかもしれない。僕らの心は死なない。

僕らは何年かかろうとも絶対に今の状況を乗り越える。


“今の日本をみてどう思う?”

僕らと同じ道をたどると思う。本当によく似ているよ、日本の状況が。日中友好、友好ばかり言う人が本当にまだまだ多いと思うし、あの国の本当の怖さを日本人はまだ誰も分かっていないと思うよ。


“危機感ある保守系の政治家や中国野望の危機を訴える論客でも?”

たぶんぜんぜん分かっていないんじゃないかな。日本にいて想像しろって言うのも難しいかもね。たぶん、僕らの国に来て、現実をみたら、怖くて言葉すら出ないといった感じじゃないかな。

武器を捨てて話し合えば?なんて言う団体もあるのも知っているし、平和憲法が素晴らしいって信じている人がいるのも知っているけれど、世界中探しても、こんな頭のおかしい人たちはいないよ。

一度、チベットや僕らの国に来てみれば、考え方も変わるんじゃないかな。日本は天国だからね。自分たちの親、兄弟、親戚が拷問にあったり、遊び半分で殺される様子をみたら、考え方も変わるとは思うけど、そのときはもう遅いからね。


“日本には親中派も多いけど?”

僕らの時もそうだったけど、中国共産党に何を約束されたのか知らないけど、親中派であろうとなかろうと絶対に中国共産党は、日本のリーダーたちを生かしてはおかないよ。まずは真っ先に公開処刑の対象とされると思う。僕らの時もそうだった。

中国共産党と親しかった政治家や要職の人たちも真っ先に殺されたけど、話が違うとかなんとか・・・

チベットもそうだし、東トルキスタン(ウイグル自治区)も日本も共通点があるんだけど、何か分かる?

(自分)
分からない。

それは、優しさと親切心だよ。

誰だって、お客さんが来たら、親切にしたいと思うし、おもてなしするでしょ。日本だけじゃないよ、おもてなしは。「どうぞ、どうぞって」やるでしょ。

でも、あの民族だけは違うんだよ。警戒心をもたれずに「友好」っていって近づいてきて、全部を奪うための計画はスゴく計画的。奪うための準備はもちろん着々と目的を達成していく様子はまさにプロだもん。そうやって、みんな騙されてきたから。

日本はもう手遅れなところまで来ていると思うよ。それでも気づかない人がいるんだから、恐らく僕らと同じようになっているんじゃないかな。僕らの時は、軍隊が入ってきてから露骨な態度になったけど、日本はまだ軍隊も入っていないのに露骨だもんね。

だから、中国共産党からしてみれば、実行支配できたも同じ状況なんだと思うよ。それだけ、日本の要所、要所に中国政府の人間が入り込んでいるという証拠でしょ?

日本は、子供も産めないような環境だっていうけど、中国人留学生にはずんぶんと援助しているよね?生活の援助とか・・・。申請すれば、働かなくてもお金をもらえる制度もあるし?

生活保護のこと言ってる?

名前は分からないけど、それを仲介する業者があちこちに広告しているから、中国人の間では有名だけど。

着実に、中国人の数が日本で増えているから、近いかもね。

何が?

・・・。

日本でも監視の人がいるから、これ以上は話せない。僕らは何百年もかかるかもしれない、日本が天国だと思える時間はあと少し。

たぶん、日本政府という看板は変わらないだろうけど、中身は入れ替わると思うから、次の場所考えておいた方がいいと思うよ。

じゃあ。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事