new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2016年2月11日木曜日

価格の設定とはなんぞや?「価格.com 売れ筋ランキング1位」と「Amazon ベストセラー1位」をBluetoothスピーカーで検証・・・



「価格.com 売れ筋ランキング1位」と「Amazon ベストセラー1位」どちらも物欲をそそる気になるランキングです。


しかし、どちらの方がお得なのか?といった点ははっきりせず、Bluetoothスピーカーで検証された記事が以下の記事です。


【検証】Bluetoothスピーカーは「価格.com1位」と「Amazon1位」ではどちらが買いなのか? 音質をグラフにして確かめてみた|ロケットニュース


検証では、2016年2月9日時点で価格.com 売れ筋ランキング1位の「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」、そしてAmazon ベストセラー1位の「Anker SoundCore」を用いて費用対効果が検証されています。







2016年2月9日時点で価格.com 売れ筋ランキング1位の「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」の価格は、、そしてAmazon ベストセラー1位の「Anker SoundCore」。価格はBose(ボーズ)のSoundLink Mini Bluetooth speaker IIが価格.comの最安値で2万5980円、Anker(アンカー)のSoundCoreはAmazonでの販売価格で3999円。


結果はなんとなく予測がつきますが、高いから費用対効果が良いというわけではなく、安いから商品としてダメというわけではないということが分かりました。


これは、どちらも価格設定が間違っているということではありません。実際にAmazonや価格コムでランキングの1位を獲得しているわけであり、どちらも正しい価格設定なのです。ただし、スピーカー業界においてBOSEはあまりにも有名で、優秀な商品を数多く排出していることもよく知られています。逆に、Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーやスマホ周辺機器において、安くて、そこそこツカエルという立場を確立しつつある会社です。


つまり、どちらも企業のイメージやこれまでの歴史、背景を考慮して値付けをしていることがわかります。
Bose(ボーズ)は、これまでの対象を富裕層に限定してきましたから、1万円そこそこで出せる製品だったとしても、倍の価格設定をとったというわけです。逆にAnker(アンカー)は、良質でもっと金額を取れる商品を開発しているとは思いますが、5千円以上の価格設定を行えば、数をさばけないという懸念がつきまといます。





つまり両社の価格の設定からわかることは、企業の営業利益をベースに価格設定が行われているということです。またBOSEにおいては、他の商品をチープなイメージにしないためには、数を売ることに固執していないことがわかります。






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事