new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2016年3月9日水曜日

勤続7年目の保育士が給料明細書を公開!どうりで保育所が増えないわけだ・・・



将来、日本を他国に譲渡するならば放置でいいのかもしれませんが、日本のために政治をしている議員の先生たちが、この現状を知らないはずがありません。


バブルでは美味しい想いを堪能し、就職となれば企業から接待、接待、また接待。老後は、企業年金でトリッパグレなしの団塊世代を支えるために、今の現役世代が犠牲になっているといっても過言ではないわけですが、現役世代は、上の世代に税金を通じて行政サービスを取られるばかりか、子供ひとり保育園に預けられないという過酷な現状。


「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書)
猪熊 弘子
KADOKAWA/角川マガジンズ
売り上げランキング: 22,087




先日、保育園に入れなかったお母さんと思われる匿名ブログが話題になりましたが、保育園の数も足らなければ、保育士の数も全然足りません。しかし、なぜ???保育士が足りないのか・・。


なぜって、この手取りの賃金を見れば、一目瞭然。高額な退職金を何度も頂く各省庁の勝ち組とは違い、手取り11万円では、どこの両親も「保育士はやめとけ」となるはずです。小さな子どもを預かるということは、とんでもなく大変な仕事であるにもかからわず、人を馬鹿にしたようなこの報酬。


「保育園で事故があっても文句言えませんから。。」
「場合によって、死亡したって、責任はとえませんよ。」


こう言われても仕方がないほど、子どもたちの命に対する管理費用が激安であることが明らかになりました。日頃は、安倍政権の経済政策・安全保障政策に評価をしてまいりましたが、この少子化対策はどの政策よりも最も全力で行ってもらわなければならない政策の一つだったはずです。


民主党・社民党政権時代から40万人増やすことができたと総理も主張されていましたが、40万人と言わず、即、待機児童を0にするという意気込みを見せてほしいところです。専門知識が必要だとはいえ、保育士をみなし公務員とすれば、すぐにでも保育士になりたい方々がワンサカと応募してくることでしょう。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事