new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2016年3月1日火曜日

G20での目ぼしい案は特になし!金融リスクだけが確認か・・・



G20で目ぼしい好材料はなかったわけでありますが、金融リスクのみが確認される会合となったようです。

特に日本の円について話し合われ、日本の長期国債の利回り低下が為替のボラティリティーを発生させたとして、主要国の一部からリスク発生の原因として指摘を受けました。具体的な解決を先お売りし、リスクを明確に表明したことが逆に、金融市場で再確認されたわけでありますが、よくよく考えるとこれもおかしな話です。


国債が暴落しても長期投資家は平気だよ
澤上 篤人
日経BP社
売り上げランキング: 130,647




つまり、「日本の長期国債の利回り低下が為替のボラティリティーを発生させた」とは言いますが、その原因は、諸外国の信用のなさが顕著になったからに他なりません。EU諸国にせよ、米国にせよ、機関投資家たちから信用される政策を行っていれば、「日本の長期国債の利回り低下が・・」とは、ならなかったはずです。逆に、それだけ日本の円が世界的に信用されていることを象徴しているわけであり、それが世界の為替に悪影響と言われても・・・。



金融緩和を行えば、日本の長期国債の利回りが上昇するから危険!と主張していたエコノミストや評論家たちは、この状況をしっかりと説明する必要があるはずです。政府の政策に反対し、不安を煽るだけ煽っておいて、責任も取らないでは、エコノミストや評論家という職業に対する信頼が失墜することにもつながります。


お金は「歴史」で儲けなさい
加谷珪一
朝日新聞出版 (2015-01-20)
売り上げランキング: 96,586




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事