不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2016年5月5日木曜日

米国の軍事的支配が崩れた?世銀を味方につけ日米を必要としなくなった中国はAIIBで独自の経済圏を確立?


財経新聞にショッキングな記事が。

「 金融でも「共同演習」に乗り出した米中」|財経新聞

との見出しです。


記事では、世界銀行とアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、世界各国のインフラ投資案件に共同融資していくことで基本合意したとのことですが、そもそも世界銀行と中国共産党との関係は、35年ぐらい前に遡ります。



AIIBの正体(祥伝社新書)
真壁昭夫
祥伝社
売り上げランキング: 260,401







経済圏構築に躍起になるAIIBとADB

この結果として、ADB(アジア開発銀行)は窮地にたたされた可能性が高い。日米が中心となり構築した経済圏が侵食され、体制が無力化させられようとしているわけですから。ADBから投資を受けた国は、少なからず日米のルールに則って、経済発展していく可能性が高く、政権や政府との繋がりも深くなる点に大きな利点があります。


新覇権国家中国×TPP日米同盟
鈴木英夫
朝日新聞出版 (2016-02-19)
売り上げランキング: 223,613




AIIBからの投資国拡大で独裁政権がさらに強力に?


しかし、ここにAIIBが参入すれば、どうなるか?

当然、独裁政権誕生の可能性が出てきます。現在、中国共産党が貿易や連携を強化しようとしている国々はベネぜエラをはじめ、アフリカの独裁国家です。独裁国家を作り上げたい理由は、ただ一つ。

中国共産党が管理しやすいためです。そして、もう一つ、日米の経済圏に参入させないためです。


米中経済戦争 AIIB対TPP―日本に残された大逆転のチャンス
西村 豪太
東洋経済新報社
売り上げランキング: 127,003




世銀と中国共産党の深い深い関係はいつから?


世界銀行と中国との関係は、最近になってのものではなく、鄧小平時代に遡ると言われています。80年代、覇権国家という野心を隠し、米国から技術・武器をドンドン仕入れることに成功した中国は、世界銀行をアドバイザーとして、覇権国家を実現するために、どのように進めていくべきか?を打診しています。


この頃からの繋がりが、ここでも活かせた中国共産党。





世銀が指導するAIIBにもう日米は必要なし?


ADB(アジア開発銀行)の強みは、その運用技術・ノウハウにあったわけであり、そのノウハウを欲しがったために、AIIBでは日本、米国の参加を促し固執したと言われています。

しかし、世銀がこの役割を代行し、中国共産党に知恵をつけた(ノウハウを提供した)となれば、中国共産党は、独自に投資国を選定し、どんどんとAIIBを通じて、経済圏を拡大していくことは確実です。さらに中国共産党の子分たちは、中国製の武器に依存していますので、資源だけでなく、なけなしの資金も中国共産党へ出資することになるはずです。


IMFと世界銀行の最前線―日本人職員がみた国際金融と開発援助の現場
井出穣治 児玉十代子
日本評論社
売り上げランキング: 242,315




圧倒的軍事力で確立した米国の経済圏は米軍衰退と共に・・


IMFへの加盟もそうでしたが、中国共産党としては、現在の米国の経済圏を真っ向から対立して潰そうとするのではなく、現在の米国のシステムを維持させつつも、骨抜きにして中国共産党主導による世界経済の枠組みを完成させたいとの狙いがはっきりと見えてきました。

中国を中心に昨年設立されたAIIBが世界銀行や国際通貨基金(IMF)、つまり米国の国際金融覇権に対抗する組織であるのは明白です。米国は敵対する相手を仲間に組み入れることによって軍事衝突を回避する、という最近の安全保障の考え方を金融にも取り入れたのではないでしょうか。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事