不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2017年7月6日木曜日

好調の米国経済は折り返し時点に差し掛かっている??



好調な米国経済ですが、ウハウハと喜んでいるところでドーーーーンと下落?なんて事態も。。。




◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼










前回の記事でも指摘しました通り、2017年後半は円高傾向になるのでは?との見方に変更はありません。米国の小売などの指標はそれほど悪いものではありませんが、昨日のFOMCの議事録とみても委員の中で見解が分かれています。議事録では利上げによる経済への影響はそれほど見られないとの記載もございましたが、製造業系の指標が軒並み悪化している点は気になるところです。


ドル円は一時的に114円〜115円への円安加速はあるかもしれませんが、おそらくその後はドーーーーーンと下落し最終的には106円〜105円前後まで円高が進むのだろうと予測しています。


この記事で述べさせていただいた見通しは、あくまでもU-styleの勝手な見通しでございますので、この記事を参考にして取引した際の損失に対する保証はできかねますので、あくまで一つの意見であるという程度の認識で読んでいただけますと幸いです。


日本の政治のグダグタも然り、黒田総裁の任期が近づいていることも然り、北朝鮮のICBM発射成功も然り・・・・
すべては円高要素の方が強いのではないでしょうか。


さらにいえば、日本の株価は為替の影響を受けにくくなってきており、国内での経済が活性している点も為替介入に拘る必要のない点であるかと・・・。
今月の円高(下落)に期待しています。




※FXでの取引で重要なのは、「スプレットの狭さ」と「スワップポイントの大きさ」です。さらに「ツールの使いやすさ」はトレードの成果を左右します。ヒロセ通商グループの関連会社であるJFXが提供するマトリックストレーダーはスワップの大きな通貨の取扱を行っているだけでなく、ツールとして非常に優秀です。また業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全のDMM.com証券での口座があれば、スワップ狙いと差益狙いの取引を同時に行うことが可能となります。


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事