お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2018年8月31日金曜日

意識させない!?無料でおカネを貸して差し上げていることを抵抗感を感じない人々・・・



低金利が継続中ですね。
あいかわらずの超低金利が継続中です。

低金利ということは、何を意味するか?
それはメガバンクやその他の銀行、地銀などへの貯金に対し、利息が一切つかいないことを意味しています。

では「利息がつかない」とは、どういうことか?

預金者は銀行様にタダ同然でおカネを貸して差し上げているということを意味します。

友人や家族からおカネを貸してほしいと頼まれて、あなたはおカネを貸しますか?
さらに貸してあげることを決定したとして、無料でおカネを貸しますか?






絶対にありえませんよね。

よほど、過去に借りがあるならば、別として、普通は利息のしっかりと付けて返してくれることを条件にするはずです。

しかし、メガバンクとなると無条件にこのタダ同然の金利を安易に受け入れてしまうから不思議です。

家で保管するよりも、安全という心理が働くのかもしれませんし、必要となれば、いつでも、どこでも引き出させるという利便性があることも事実ではありますが。

数百万円を急に引きだなければならない場面など、現実的にあるのでしょうか。

疑問です。




ガラパゴス・ノマド・ポートフォリオ TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択