お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2018年10月3日水曜日

大塚家具・大塚久美子社長いよいよ会社倒産を覚悟か?原価率を大幅に超える割引が意味すること




商売人が原価割れで商品を手放すとき・・・・。

これが意味するところは深刻です。




一般の方でさえ、メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどで家にあるものを販売するとき、「最低限この価格で!」という希望を持っているはずです。




「一般人でさえ商品を手放す最低限の価格を意識している、商売人が原価割れで商品を大量に手放す?」



そして、この最低限度に設定した価格などでの値引き交渉には対応しないというのが常識であるはずです。商売人であれば、なおのこと原価割れで商品を手放すなどは、よほどの事情があるときぐらいでしょう。最近では、アパレル関連が大型セールが終わっても売れ残りが多いと聞きます。そして、セールで売れ残った商品はアウトレットなどに流れるわけですが、それでも原価割れして流すなどという割合はかなり少ないのです。


つまりネットセールやアウトレットモールに流れても、なお利益がでる、もしくは損をしない程度に計算されています。

そうでなければ、赤字が急激に累積しますから。商品販売までには、人件費もあれば、宣伝費もありますし、輸送費から、何から・・いろいろと経費がかさみます。アパレル関連が例えとしてはわかりやすいので、例にあげていましたが、アパレル関連のお店が閉店する間際で「閉店セール」が行われますよね。

この閉店セールは、閉店する日時が決まっているからこそ、80% off などの「異常な値引き」で店にある商品のすべてを一定の時間内に処分してしまう狙いとして行われます。売れ残った際は、商品の処分にも、さらに費用がかかりますから。


ましてや家具となれば、売れ残りは商品処分に多額の費用がかかることは容易に想像できるはずです。


参考⇒


大塚久美子社長は、これまで大塚家具が作り上げてきたシステムを潰し、自らレッドオーシャンの世界に飛び込んでいきました。お父様である創業者の大塚元会長は富裕層を囲い込むシステム作りに、人生をかけた方でした。景気が悪い、多少売上が減少しているとはいえ、一定数の富裕層をグリップできている状態(ビジネスモデル)がどれだけすごいシステムであるのか?を現在はご理解されているのかどうかが気になるところです。


大塚久美子社長は新しい層の開拓とユーザー数に拘りがあったようですが、商売は利益率とその利益率を支える優良顧客の囲い込みが商売を安定させるという基本が大きく欠如していましたね。安定した利益があるからこそ新しいチャレンジができるわけです。ユーザーが急激に増えれるが、それが一時的なユーザーであった場合、確保したスタッフはどうするのでしょうか。日本は海外とは異なり簡単に社員をクビにすることが極めて難しい国の一つです。責任をもたず、商売の根幹が何であるのか?すら意識しない大学教授のその場しのぎの思いつきを真に受けて実行すれば、会社がおかしくなるのも当然といえば当然です。


参考⇒




「美容業界の悪いパターンと類似する」



新しいユーザーを掘り起こすつもりが、ユーザーに店舗側が都合よく使われて経営が悪化している業界があります。


そうです、美容業界です。

美容業界は、ホットペッパービューティーを活用している店が非常に多いのですが、ホットペッパービューティーに格安でサービスを提供し、2回目以降は通常の料金で利用してもらいましょうというコンセプトで営業活動を行っています。しかしユーザーは賢く2回目の利用をしないユーザーが圧倒的に多く、結果として美容室はホットペッパービューティーを利用したユーザーとホットペッパービューティーへの広告掲載を勧められた代理店のカモとして営業利益を奪われるという構図となっています。

大塚家具もユーザー数を増やすということは、この安定しないユーザーを常に安定的に確保する仕組みを作る必要があるわけであり、これはどんな経営者が挑戦したとしても非常に難しい分野への進出であったと推測します。

参考⇒



「ユーザーの拡大を狙った時点で負けは決定的だった」



美容業界の悪いパターンと類似しているという指摘をさせていただきましたが、実はデパート業界とも類似しています。
銀座の三越をはじめ、日本の老舗デパートは、たった一度の中国人爆買いブームを経験しただけで、これまでの日本人の安定した顧客を見捨てた経緯があります。その後、中国人がデパートでの消費を急速に控えるようになると、これまでの安定した日本人顧客はもう戻らなかったというオチです。実際に日本人の買い物客のなかには、たった一度の爆買いブームで自分たちが邪険にされ、軽視されたことに怒っている年配層も少なくありませんでした。

そして伊勢丹は3店を閉店させるという決断へ。

美容業界とデパート業界の共通点は、短期での利益を追うがゆえに、安定した優良顧客から見切りをつけられたという共通点です。そして大塚家具のその仲間入りを果たし、結果として閉店に向かいまっしぐらという状況まできたわけです。デパートの経営層にしても大塚久美子社長にしても学歴や職歴は申し分ない方々ばかりです。しかし結果として、彼らは短期的な収益に固執する傾向がある点と経営に深みがない点が特徴です。

「浅はか」という言葉がしっくりとくる判断が非常に目立つと感じる方は多いはずです。

特に現場で20円のコスト削減に尽力し、少しでも効率を高めようと努力されている従業員の方々にしてみれば、バカバカしくてやってられないと感じているのではないでしょうか。そして、安定的に利用いただいていた優良顧客から見切りをつけられ、最後は血の滲むような努力を積み重ねてきた従業員がリストラに合うというオチです。


参考⇒


大塚久美子社長についていけず、次々に従業員が辞表をだしたという話はあまりにも有名ですが、大塚久美子社長の傲慢な対応と態度をみるかぎり、「補てんすればええやん」という本音が雰囲気にムンムンと出ているように感じていた方は多いのではないでしょうか。


あの規模となれば、企業は一人では回せません。
頭がいい悪いの前に、従業員が自分ために全力をだしてくれる人間性が経営者に求められているはずです。


参考⇒




このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択