お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2018年10月6日土曜日

【金融庁】地銀(地方銀行)に激震!残高捏造で話題のスルガ銀行に業務停止命令は終わりではなく、はじまりを意味する?




「見せしめ」ではなく「はじまり」



金融庁を含む行政が企業に対し、処罰の意味で業務停止命令を出すケースとしては「見せしめ」としての意味が大きいわけでありますが、今回は「見せしめ」ではなく、「はじまり」であるとの見方もあるようです。前回のエントリーでも書きました通り、地銀での不正行為は、わりと常習的であり、それにより銀行に苦しめられている方々はいることは世間ではなかばよく知られていたことではありました。


記憶に新しい銀行の不正事件⇒



「銀行が個人の弱みに漬け込む代表的な手口」



相続対策の相談にいけば、別の金融商品をすすめられることなど日常茶飯事。ケースによっては相続専門を税理士をしつこいぐらいに紹介され、永遠とその税理士の話を聞かされるなどのケースも目立っていたようです。つまり銀行は、銀行みずからが危険な相続対策を直接的に誘導することに後ろめたさがあったのかもしれません。

しかし、今回の業務停止命令6ヶ月の処分により、スルガ銀行の経営に大ダメージとなるだけでなく、同様の不正を平然と行っていた地銀(地方銀行)も今必死になって不正隠しに懸命に動いているタイミングかもしれません。


このあたりは、最近のエントリーで詳しく書かせて頂いておりますので、ご関心のある方はチェックしてみてください。

参考⇒


【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!




参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!

参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる

参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・

参考⇒
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]



【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。



トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→



トルコ・リラ取扱業者⇒






このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択