不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

▶ 書評した書籍







 ☆☆☆☆☆

[詳細記事]
ウォールストリートジャーナル式 「経済指標」読み方のルール 読了 [書評] ☆☆☆☆☆


株式投資を経験されている方が、あらためて投資スタイルを考え直すのに参考としたい一冊です。非常に有名な書ではありますので、ご存知の方も多いことと思いますが、一度きりの読み切りで終わるのはもったいない気がします。 これから株式投資をはじめる方には、重い印象となるかもしれません。






  ☆☆☆☆

詳細記事 がん保険を疑え! 読了 [書評] ☆☆☆☆


後田亨さんの渾身一冊です。 現役の保険営業マンでもある後田さんが販売側の視点で購入者への注意をアドバイス。 保険商品を批判するだけに終止しているということではなく、保険会社への提言もしっかりとうたっている。保険の詳細がしっかりと検証されていることはもちろんのこと、経営的な視点や購入側の視点、そして業界全体への改革を促す一冊ともとれます。これからビジネスをはじめる方や大学生にも目を通しておいていただきたいと思います。





☆☆☆☆






☆☆☆☆


詳細記事 40代を後悔しない50のリスト 読了! [書評] ☆☆

 誰しも経験したことのないことは、想像することはできないものであります。 だからこそ、誰もが似たような失敗を経験するのかもしれません。今やっていることが夢中であればあるほど、延長線上に自分の未来を想像するのも頷けます。しかしながら、人生の岐路があるように、そのまま延長線を歩くことができないことを教えてくれる一冊です。


 50代で人生の総仕上げを完成させる人が多い点を踏まえましても、40代がどれだけ大切な時間であるかを薄々感じることができると思います。 どんなことを後々後悔するかを知るチャンスは、今の行動に反映されるはずです。 将来の失敗の芽を今から意識したい方にはオススメです。






☆☆☆






☆☆☆☆☆

 [詳細記事]
 じゃ、やってみれば “感動という商品”を創り続ける男の言葉36  読了! [書評]  ☆☆☆☆☆

答えを自分自身で作っていかなければならない時代だからこそ、参考となる一冊。 広告業だった阿部氏が映画を作ることに至ったのも、そんな新しい答えを探すための試みだったのかもしれません。延長線上に道がないと分かったならば、行動あるのみですが、「やった男」の言葉を聞いてから行動に移すのも悪くないかもしれません。そして、新しい試みに伴う痛みや苦労もしっかり語られていますので、この辺りも参考としたいところです。












☆☆☆☆☆



[詳細記事]
ウォールストリートジャーナル式 「経済指標」読み方のルール 読了 [書評] ☆☆☆☆☆

 一見、難しそうに思える経済指標ですが、一つ一つの指標の意味が解説されているだけでなく、その指標を投資の場面でどのように利用するのか?といった解説が付け加えられている点が嬉しいところです。また一つ一つの指標データの入手先なども一緒に紹介してくれています。勉強するというよりも「へぇぇ」を繰り返しながら楽しく読める一冊かと。









☆☆☆☆☆

[詳細記事]
女性ミリオネアが教えるお金と人生の法則 読了 [書評] ☆☆☆☆☆


億万長者は億万長者でも男性とは違った行程で成功を手に入れる女性のミリオネアが多いというのは非常に興味深いところです。


非常に若い頃に独立した成功者が多い男性と違い、女性は36歳を超えて事業を本格化させるなど成功者といえども、スタイル/考え方に大きな違いがあるようです。 大成功を目的として事業をはじめるというよりも、第一の目的が経済的な自立を目標に独立した方も多いとのこと。家族、子供を中心とした生活を第一に考えている方が多い点も興味深いところです。



また、見栄を張ることやステータスメントには関心が強くなく、資産家であることを隠したがる傾向も女性成功者の特徴としています。 出産、子育てで仕事を辞めるお母さんは多いわけですが、子育てが落ち着いて社会で活躍したいと考える女性には勇気を与える一冊であります。


女性の成功の鍵は、「忍耐」「愛情」「常識的」がキーワードとなるようです。














  QLOOKアクセス解析

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事